今後を見据えた新型コロナウイルス感染症の医療提供体制整備における当面の対応について

5月30日付で、厚生労働省から「今後を見据えた新型コロナウイルス感染症の医療提供体制整備における当面の対応について」が発表されました。

これによると、即時患者の受け入れ可能な病床、一定の準備期間ののち受け入れ可能となる病床、宿泊療養施設の3種類について一定数を確保するよう都道府県に要請しています。

詳しくはこちら

関連記事

  1. 平成30年2月23日の研修会参加者アンケート集計結果
  2. 支援センターご利用案内(修正版)
  3. 事業主のパワーハラスメント対策が義務化
  4. 医療勤務環境改善に関する病院の管理者意識調査(アンケート)を実施…
  5. 雇用調整助成金について、令和2年5月19日付けで申請が簡略化され…
  6. 管理者意識調査のアンケート結果について
  7. 雇用調整助成金の上限額と緊急対応期間(対象となる期間)が変更にな…
  8. 妊娠中の女性労働者の新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理…

お知らせカレンダー

2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

お知らせ履歴

PAGE TOP